FC2ブログ

旅の人生88ヶ所めぐり

忙しくても、自分の行きたいところへとにかく行こう。行きたかったところを、一つずつツブして(かなえて)いくのだ。ある地へ行ったことが、その後の人生に影響することも多い。旅に憧れるロマンチストは、そうして自分だけの旅の人生遍路を辿り、完成させていくことで、自分の人生を極大まで充実(即ち満願成就)させたいと願う。ここでは、私のささやかな八十八旅を、自由にクロスさせながら拾い上げていきます。

雪のメロディー

今日はこのあと雪が降るとの予報、
空を眺めたらどんよりと重い灰色が一面に広がっている。
1週間分の洗濯物を部屋干ししながら、休日の静かな朝、
ひとり、冬のメロディー「ケルティック・クリスマス」の(、これは確か)Ⅰ(1995年版)を聴いている。
どの曲もよいが、始まった…ナイトノイズ「Snow on High Ground」、
雪の情景を描写したこれほどの名曲を、僕は知らない。

もうひとつ、大好きな雪のメロディーがある。
ボリビアで1970年代にすばらしい活動をしたルパイの
「Paisaje de Nieve(雪の風景、雪景色)」だ。
アンデスでは知られた伝承曲に
Nevando esta(雪が降っている)という曲もある。
しんしんと、雪が高地に降り積もる情景が目に浮かぶような名曲だ。
遠い異国の(という表現は、近年しなくなったなあ…)メロディーでありながら、
いずれもわれわれ日本人の季節感(情趣を愛する徒然草的な)と驚くほど重なって
しみじみと感動を、しばし味わえる。
ルパイ(ロス・ルパイ、初期はキンテート・ルパイ)というフォルクローレグループ、
日本ではほとんど誰も知らないだろうがヨーロッパでは結構多くのCDが出ていた。
ぼくの周りのアンデス音楽ファンの間ではとても人気のあった曲だ。

ナイトノイズのもルパイのも、ごくごく短い作品だが、軽作業のつかの間、ふと引き込まれ、
1曲終わると心が洗われている、という感じだ。
いや、ルパイのほうは洗われるという以上に、雪の冷たさをものともしない熱さを心に灯してくれる。

雪のメロディー、と言えば
雪の降る街を。
亡くなった親戚のおばちゃんが、生前、
雪の日にラジオから流れたこの曲を聴いた瞬間、恨んできた夫のつらさがはじめてわかり懺悔した
と泣いて話していたのを想い出す。
10年前、東北をひとり旅したとき立ち寄った鶴岡で、この歌のいわれを知った。
アダモの「雪が降る」、も(というより「こそ」というべきなのだろう)名曲だ。
そうだ、「粉雪」という名曲もあった。
かつてカラオケで絶唱した時も、クルマを運転中に流れてきても
なぜか泣けた。この冬もカーラジオから流れて、思わず泣いた。
雪の思い出が、そうさせるのか。
雪の想い出。

たくさんあるんだ、雪の名曲。

ぼくの挙げたのはとてつもなくマイナーな2曲だけれども
ちょっと興味がわいたならぜひ一度、探してでも聴いてみてください。
あなたのおすすめの、いや、あなたのこころの1曲、
知られざる“わたしだけの、雪のメロディー”もどなたか教えてくれませんか。
どなたか…
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |