FC2ブログ

旅の人生88ヶ所めぐり

忙しくても、自分の行きたいところへとにかく行こう。行きたかったところを、一つずつツブして(かなえて)いくのだ。ある地へ行ったことが、その後の人生に影響することも多い。旅に憧れるロマンチストは、そうして自分だけの旅の人生遍路を辿り、完成させていくことで、自分の人生を極大まで充実(即ち満願成就)させたいと願う。ここでは、私のささやかな八十八旅を、自由にクロスさせながら拾い上げていきます。

鄙びの温泉へ秋の旅 ~善光寺参りのご利益~

善光寺では、御朱印がどのお堂のものも用意されているのはまだしも、限定版だカラー版だとやたらたくさん種類があって、それらがいずれも500円とあるのをみると、近頃の御朱印ブームも困ったもんだ…と思う反面、ブームにちゃっかり乗っかって商売根性丸出しの寺社側もどうかと思えたが、寺社側にしてみれば、以前のようにゆったりとは対応しきれない今日では、あらかじめ用意しておかないととても対応しきれないという事情もあるのだろう。
それにしても、季節限定、御詠歌の御朱印だとか、やれ古地図の浮世絵をあしらったカラーの御朱印用紙を5種類も用意し、横につなげると1枚の絵になるとか、業者提案にまんまと乗せられたのではあろうが、こんな状況になっているとは驚いた。有名な寺社仏閣は全国的にこんなことになっているのだろうか??? 
私は御朱印は平成14年、40代半ばから始めてるから、今のブームよりは古い、敬虔な寺社仏閣巡り愛好家なのだ。何としても聖徳太子(今は厩戸皇子か、いや、昔もそうカッコ書きで書いてあった)の法隆寺から始めたくって、1冊目は法隆寺で買い求め、「御朱印帳」の文字も持ち主の私の名前もそこで書いていただいた私なのだ。さらに遡って30歳の頃、宮大工の西岡棟梁のことを書いた『法隆寺を支えた木』を読んで感銘を受けて以来、法隆寺は自分にとって特別な場所だったから、いざ朱印帳を始めようとした時は即、奈良からスタートしたのだ。
と、また横道にそれて戻れない私である。

まずは参拝を終え、本堂を背にして歩き出した時、友人が瀬戸ものの磁器でできた大きな燈籠があるのに気付いた。
今回の小旅行の道連れ二人は瀬戸市のお隣・尾張旭市の出身で、燈籠に気付いた方は高校で郷土研究部の部長さんを勤めていたから、古窯の発掘もしたりして陶磁器には造詣があったからだろう、自然と目に留まったのではないか。
やや?待てよ?、と気になる私。大きな燈籠??もしや…
目をやると、見上げるほどの大きさの染付の大燈籠ではないか。寺社仏閣には昔から燈籠は寄進される定番だったのだろうが、私の頭には、明治期に実業家としても鳴らした瀬戸の陶工、この種の大物づくりが特徴だった加藤杢左エ門の名が頭をよぎった。そうしたら、まさにその名が、大燈籠の下部にはっきりと記されているではないか!!

 愛知県尾張國東春日井軍瀬戸町夜燈寄附製造人 加藤杢左エ門

寄附奉納人、として杢左エ門を筆頭に五人の名前が明記されている。
僕は(どうしても興奮すると私、でなく僕、になってしまう!)俄然、熱くなった。

30代前半、編集の仕事をしていたころ、父の出身地である瀬戸のことを調べたことがあった。名鉄瀬戸線、通称、瀬戸電(せとでん)と地域のかかわりを調べ、名古屋鉄道(名鉄)の社内誌に2回にわたり記事を書いたのだ。
瀬戸市の図書館へも出向き、いろいろな資料を調べる中で、加藤杢左エ門のことを知った。瀬戸に鉄道を引いた男だ。瀬戸が瀬戸物の生産で活気づき全国でも有数のにぎやかな街であったころ(が本当にあった)、杢左エ門は中央線を瀬戸に誘致しようとした。というか中央線の敷設計画を、瀬戸を通るルートにしようと運動した。陶磁器の原料を安定的に調達するため瀬戸に索道(輸送用のリフトである)も作った。運搬を、旧街道の人馬に頼っていた時代に、だ。そのダイナミックな発想と実行力に、調べれば調べるほど取りつかれたことを憶えている。
その杢左エ門が、中央線の誘致に失敗した結果、みずから開設に踏み切った、瀬戸の陶磁器とその材料と人とを運ぶ手段が、わが瀬戸電こと、瀬戸電気鉄道であったのだ(明治38年開業、と記憶しているが、西暦で言うと? ン?1905年、かな?? 1905年と言えば、日露戦争、日本海海戦ではないか!!! 最初は社名も違っていて、瀬戸自動鉄道といった)。
地域と鉄道開業の間には、瀬戸に限らず何らかのストーリーがあって、取材でそのいくつかを実地に訪ねていた当時の私は、そこに決まって熱い人間のドラマがあることを知り、本当に感動したものだ。

開業当初の瀬戸電には、なんとフランス製の蒸気原動車セルポレーが走った。
(蒸気原動車というのは、ふつう蒸気動車と言われるもので、機関車トーマスに出てたトビーがそうではないかと思うのだが、日本で唯一、どこで走っていたものか忘れてしまったが実物が1輌、愛知県犬山の明治村にずーっと保存されていて、リニア・鉄道館ができるとき、そこへ移された。だから今も保存車両を見ることができるが、これは瀬戸のものよりかなり大型の、少々いかつい形の、工藤式という日本製だ。セルポレーは、いかにもおフランス製、というちょっとしゃれた感じの、その分馬力には欠ける車輛だったように思う。)
そんなものが走ったのは、全国広しといえどこの瀬戸だけだ。いかに当時の瀬戸が、世界を向いていたかがわかる。
図書館で見つけた瀬戸の本に、若いころ瀬戸の陶磁器工業組合に勤めていた、今は亡き父の若かりし頃の写真を見つけ、胸が高鳴った。瀬戸の街が当時どんなだったか、そのリアルな姿を、繁栄ぶりを知って、心が熱くなった。父が生前話していた瀬戸の街のにぎやかさがとても信じられなかったのだが、それが本当だったことが初めて分かった。

ごくごく普通の、一般的な秋の温泉旅行を楽しめるだろうとそれなりには期待して出てきた私だったが、このとき予期せぬ感動を得て、大いに充実感に浸りながら善光寺を後にしていた。
何といっても杢左エ門の大燈籠の実物を、たった今、たまたま来ることになった長野の善光寺で偶然にも目の当たりにすることができたのだ。杢左エ門を知ったのはもう30年近く前のこと。何の因縁が、このめぐりあわせをもたらしてくれたのだろう?
…一瞬にして、この旅は私(たち)のオリジナルな、他の誰もがする旅とは違うものになったのだ。(かくして、ここに取り上げる次第となった。)

3人で歩きながら、「瀬戸の街を『ブラタモリ』で取り上げればよいのになあ!」と友人に呟くと、「何言ってんの、もうやったじゃない!」とH君がのたまう。え?!そんなはずはない、僕が『ブラタモリ』を、よりによって瀬戸を見逃すはずがない…と驚いてよく聞けば、あの名古屋・熱田編だという。いや、あの回ではお堀の電車(瀬戸電のかつての姿である)こそ紹介されたが、瀬戸の街を正面からとりあげたものではなかった。茶碗などのいわゆる“生活用陶磁器”を大量生産することで国内市場を席捲した瀬戸だったが、今見たような大物(の陶磁器は、そう簡単に焼けるものではなかった。)をはじめ、美しい製品、作品を、海外へも数多く送り出していたのだ。「瀬戸の陶磁器がなぜ“せともの”といわれ全国に知られる(普及する)ようになったか」をテーマに、『ブラタモリ』で改めて取り上げてほしいものだ。その時には、加藤杢左エ門と瀬戸電が、きっとクローズアップされることだろう…。


スポンサーサイト



旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

鄙びの温泉へ秋の旅 ~善光寺~

11:58、長野駅についた。山へ山へと向かう鉄道旅3時間は、我々男3人を日常から切り離すにちょうどよい時間だったように思われた。
さあ着いた。少し涼しいだろな、いや、もう寒いかも…などと考えたのは全く外れ、外は暑いぐらいの陽気である。まずは好調な旅の滑り出し。時はちょうどお昼と来た。が、ランチする前に、まずは何をおいても善光寺参り。僕は朱印帳もちゃんと持ってきた。

2時に駅前でレンタカーを借りる予約を入れてきたから、善光寺1時間、昼食に1時間、というスケジュール感。レンタカー借りたら小布施を見て、5時には宿に入りたい。いや、入る、と宿に連絡を入れてある。湯本旅館―僕が毎号チェックしている『男の隠れ家』で少なくとも2度は大きく紹介されていた、渋温泉の古びた木造旅館―が、今日の宿である。ああ、楽しみだ。

善光寺へは大通りを歩く。2キロほどの道のり、途中いろいろな店があり、飽きることはない。むしろ3時間、列車に揺られてきたんだからちょうど良い散歩の時間だ。20年くらい前だったかな、一度善光寺参りに来たことがある(いや、子どものころに来た記憶も、かすかにある。)が、こんなだったかなあ…参道の、ある風景だけが記憶に残っているのだが…。いや、あれはどこか違うお寺だったのだろうか…?

などといつもの調子で書いていてはきりがない。とにかく僕はこの善光寺参りで大発見をしたのだ。少なくとも僕にとって、これは大発見だった!
いや、本堂正面すぐ手前で、同行のN君が大きな瀬戸物の燈籠に気づいてくれなかったら、僕は絶対気付くことなく通り過ぎていたに違いない。やっぱり旅は道連れ、ということか。一人旅の多い私だが、自分一人では決して気づかないことを、こうして気づかせてくれたりするんだ! 視野が広がる(自分の視野にないものを発見することができる)、と言えばよいのかな? 友人とする旅の価値、魅力、醍醐味は、こんなところにあるのかも、しれない。


旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

鄙びの温泉へ秋の旅  ~プロローグ~

10月5日土曜。JR名古屋駅ホーム停車中の「しなの3号」にて。
良く晴れた! 久々に、中央線の客となりぬ―恵那峡サービスエリア(下り線=名古屋方向)で働いていたあのころは、週に一度、休みの前後に通ったもんだ。思いがけず、当時の記憶がまさに走馬灯のようによみがえる―。

しなの3号8:00発は、今日、満席だという。
出発前の名古屋駅ではそんなことには思いもよらず、千種から乗り込んでくる友人二人(座席指定はこのうちの一人がとってくれていた。)の席は向かいの席と思い込んでいる私は、乗り込むなり座席をくるりと回転させて、4人掛けのボックス席でこれから始まる中央線車窓の旅をゆったり楽しもうと期待していたのだが、さもありなん、暑すぎた夏も去り、気がつけば行楽の秋。そうか、今回の長野への旅を計画したときは夏真っ盛りだったが、時は早や10月、行楽シーズンが今、始まったのだ! ほどなくして、次々と乗ってくる旅姿の乗客の様子に、その到来が実感される。と同時に、あたふたと、四人掛けボックス席にした座席をまた元へ戻す私であった。
山の幸豊かに実れば、心も豊かに、晴れ晴れと、ゆったりとした気持ちに、なってくるものなのだなあ…!
日差しは暖かく、絶好の行楽日和。発車を待つ間、中央線の停車駅案内や車内サービスの有無、トイレの案内など車内放送の声が心地よく耳に届き、これから始まる秋のささやかな一泊旅行への期待を思いがけなくも膨らませてくれる。
出発までまだ数分ある。私は急いでホームに降り、特急しなのの先頭車のわきに立ち、スマホで自撮りしてご満悦。(ここに載せたい写真です。)
7:59。さあ、いよいよ出発だ!

この旅路で、姨捨あたりから遠望した千曲川の雄大な眺めが、わずか1週間後に台風19号の惨禍に見舞われ一変することになろうとは……この時、よもや想像だにしなかった。住民の皆さんの生活の、一日も早い復旧、復興を、心より祈念いたします。

旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「田野畑村の春」

NHKテレビの『ドキュメント72hours』を見るのが楽しみだ。

仕事から帰り、自室に夕食を載せたお盆を持ち込んでひとり遅い夕食をとりながらテレビを見る。
チャンネルをひと通り回す(回す、というこの表現は、昔の、丸いチャンネルが付いていたテレビの名残りなんだナ)。
騒がしく下品で馬鹿話ばかりの民放。ろくなテレビ番組をやってないなあ…、といつもNHKに落ち着く。
いつも録画を録っておくのは『NHKスペシャル』と『ブラタモリ』、そして『ドキュメント72hours』だ。
時に『100分de名著』なども選んで録っておき、帰宅後きっちり見る。
きっちり、と言っても食べながらになるが、もうひとつ、「○○○しながら」、にぴったりなのが
やはりNHK総合テレビで深夜3時ころ放送される、音声なし(BGMのみ)でただひたすら世界の美しい自然・風景の映像が映る番組だ。
僕はこれがとても気に入っていて、最近録ったのはチリのアタカマ高地とペルーのワラス塩田を記録したものだが、これはちょっと退屈だった。いや、気に入ったのは沖縄や、インド洋などのそれはそれは美しい海中をたんたんと撮影したものだ。
(まるで水族館の水槽のガラスの向こうにサンゴ礁の海がそのまま拡がっているような気がする、)美しい光景をテレビ画面に切り取って眺めているような感覚に浸りながら静かに食事ができるのだ。
昨年初めて訪れた石垣島・竹富島・黒島とその間の海域、また一昨年の慶良間諸島の座間味島と無人島の海(このブログでしつこく述べた。)が誠に強烈な印象を残しているので、この記録映像はまるで自分が潜っているかのような感覚に浸れて心地よい。

ところで『ドキュメント72時間(hours)』である。
きょうは船橋のオートレース場最後の72時間をたんたんと追っていた。爆音の響きとともに、ここへ長年通い詰めてきた日本の庶民の哀歓を、さりげなく伝えていた。なかなか良い記録(時代の証言、と言うのかな)を残したなあ、と思う。たんたんと。そこがこの番組の良いところで、この感じ、いつか遠い昔に見たかなりシリアスなドキュメンタリー番組『ドキュメント○○(ここは西暦だった…)』を思い起こさせた。
それは某民放で深夜に放送されていたもので、毎週見ていた僕はまだ中3か高1だったと思う。そうか ということは72年。思い出したぞ、『ドキュメント72』だ。なんと。いま書いてる『…72hours』と二重写しのようなタイトルではないか!
今もなぜか印象に残る回がある。
『田野畑村の春』と題した、岩手県田野畑村の、のどかな春のスケッチ。過疎地の路線バスを降りる女子高生の姿や、その土地の人々の暮らしがそれこそたんたんと、描写されていて、
いつか僕はこの地を旅しよう、と思ったのだ。
まさか「いつか」と思っているうちに、あの素朴で美しい土地が巨大な震災に見舞われてしまうとは、まさか、であった。
震災が起きる数年前、あこがれの東北をひとり巡る1週間の旅を実行した。企画段階でいろいろと、かねてから念願であった地を踏破するコースを組んでみたが、どうにも岩手・福島の海岸沿いを縦断するルートを今回はあきらめざるをえなくなった。やむを得ない、第2次東北探査行があるさ、と次回に委ねた。そうしたら、まさか、である。
以来、まだ彼の地を僕は、踏んでいない。







旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アトリエ・ファウニのムーミン人形

アトリエ・ファウニのムーミン人形
なんて古い人形だろう!
ずいぶんと汚れているようだが…(というか、革でできた顔の部分が傷んでシミが出ているのだが…)
なんとも素朴な味わいがある。これはもはや骨董品だ。

先に本屋の話を書いた。
それはこの人形のことを書こうと思って書き始めたのであった。
いつもの本屋でふと見つけたムーミンのムック本。
ムーミンとトーべ・ヤンソンに関しては、目にしたもの聞いたものすべてをいちおうチェックしてしまう私。
ムーミンとの付き合いは古い、とはすでに幾度となく書いたと思う。
だがこの人形が貴重なものであることは今回初めて知った。本屋でこのムック本を見て本当に驚いた。
10月に出たブルーガイド・グラフィック「ムーミンとトーベ・ヤンソン」
スカンジナビアン・レトロの日本語版、とある。
ここにでかでかと、僕の持っているムーミンの人形と同じものが、載っているではないか!!

「もっとも手に入りづらいムーミンフィギュアといえば、1955年にムーミン人形を発表したヘルシンキの小さな工房、アトリエ・ファウニのもの。」
とある。
「トーベは革、木材、染色された布地を素材に使った手作りの人形をたいそう気に入り、両者はライセンス契約を結びます。」
この本には、編集部が入手したという15体が大きな写真で掲載されている。そうか、そうだったのか……!

さっそく本を買い求めて、
ぼくはアニキ(兄)にメールした。
この人形、私が中学1年のとき、兄がフィンランドみやげに買ってきてくれたものなのだ。

テレビで東京ムービーの初代『ムーミン』が始まったのは小学校6年の時。
雑誌『小学6年生』にムーミンが2ページにわたって紹介された号は、今も保存してある。
クリスマスプレゼントには、ムーミンのLPレコードを、両親が買ってくれた。
(これはかなり子ども向けのもので、もう中学生なのになあ…こんな子どもっぽいものを…と恥ずかしくてしょうがなかったことを
よーく憶えている。だがそこには大好きなスナフキンの歌も、のどかなムーミンパパのうた
―♪そーらのうえにはシドがある~ドレミファソラ、シードーと高木均が歌う―
も入っていた。)
(ついでに言うと、『彫刻家の娘』の本も僕は当時から持っていて、このムック本に載っているフィンランドの初版本と、同じ写真の表紙である。)

兄は当時大学生で、スカンオートというフィンランドの自動車会社にアイセックAIESECの交換学生として研修旅行に行ったのだ。
フィンランドに1か月いたと思う。
行くときは新潟から船でウラジオストクへ渡り、ハバロフスクを経由してバイカル湖畔のイルクーツクからシベリア鉄道で何日もかけてモスクワへ入り、そこからヘルシンキへ入った。
研修終了後はヨーロッパを南下し、デンマーク、ドイツ、オーストリア、スイス、フランスと廻って、パリで友人K君と再会し、ふたりで帰国した。
再会、と言えば…友人はパリで研修をしていたが、当時、パリへ入るのにもシベリア経由で行ったのかなと、ちょっと不思議に感じる。モスクワまで一緒に行って、そこで二手に別れたのだったと思う。こんどアニキに会ったら、一度詳しく、聞いてみよう。

それにしても雄大な旅行である。

中1の時は大阪万博の1970年で、ぼくはこのアニキのダイナミックな欧米行きと、万博の洗礼とで、いたく外国に焦がれてしまうことになる。万博は家族で夏休みに泊りがけで、また学校から日帰りでも行き、大判のオールカラーのガイドブック(これもいまだに持っている。)をすみずみまで読んで、世界への夢を、ふくらませた。
先に子どものころからの、海外、特にヨーロッパへのあこがれについて語ったけれど、小6から中1にかけて、これが一気に膨らんだのだった。

その兄がフィンランドへ行くと決まったとき、僕がお土産に頼んだのがムーミンのお土産だった。
一度言っただけだったが、兄はちゃんと本当に買ってきてくれた。
それがこの、写真の人形である。
ムーミンとかスナフキンでなく、それがムーミンママだったので、僕はアニキがそれを僕にくれた時ちょっとだけがっかりしたのを今も憶えているが、そのようすを目ざとく感じた兄は
「(ムーミンのお土産を探すのに)(これを買うのに)苦労したんだぞー」
と言った。アニキはそんなことはきっととっくに忘れているだろう。
だって今回、僕が驚いてメールを打った時、この人形をぼくに買ってきてくれたことすら、忘れていたのだからね。それはあたりまえのことで、もらった方は忘れないものだ。

ムーミンママが手に提げていたハンドバッグは落ちてしまっているが、この水色の人形は、いまもぼくの部屋の仏間の(仏壇は、入っていない。)旅の記念品を納めるガラスケースの片隅に、毎日佇んで、いる。

追記:ケースの中は、僕がこれまでに行ったあらゆる旅の記念の品(いつも小さなものをと、選んでいる。)と、友人知人からいただいた旅行みやげの小物と、かつて輸入民芸品店などで見つけた僕の憧れる外国の品々でびっしりと埋め尽くされている。
2段あり、上は外国の物、下は日本各地の物だ。ムーミンママのハンドバッグも、ちゃんとあったのだから、きっと上段のきっと隅っこあたりに、今も落ちているに違いない。
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>